介護事務の資格って難しいの?

介護事務の仕事をしたいと希望しているなら、資格を取得することをおすすめします。介護事務に関する業務は、とくに医師や看護師、弁護士のように国家資格が存在しているわけではなく、介護事業所によってはとくに資格を必要としない場合もありますが、やはり介護報酬に関する請求事務の仕事は、責任が重い仕事であり、スピードと正確性が要求されることから、資格を取得した人のほうが採用されやすい傾向にあります。

 

介護事務の仕事を行うには、やはり資格を持っていない人よりは、資格を取得した人のほうが介護事業所としては、信頼がおけるので、ぜひ資格を取得しておきたいですね。それでは、介護事務に関する資格には、どのような種類があるのでしょうか。

 

現在、介護資格としては介護保険事務士・介護管理専門秘書検定資格・介護保険事務管理し・ケアクラーク・介護事務管理士・介護実務事務士などがあります。これらは、いずれも民間資格であり、民間の団体が主催している試験で、認定資格、または公的資格です。

 

介護事務に関する資格を取得するには、まずは上記に挙げた資格の種類の中でどの資格を取得するのか、独学で学ぶのか専門学校やスクールに行って学ぶのか、または通信講座やインターネット上でのオンライン講座で学ぶのか、学習方法について検討する必要があります。

 

介護関連の資格は、比較的難易度が低く、合格率が非常に高いのでやる気がある人なら、資格を取得することができることでしょう。