介護事務の資格と一緒に持っておきたい資格はある?

介護事務の資格を取得して、さらにスキルアップしたい! この他にもぜひ資格を取得したいという気持ちの余裕が出てきたら、ホームヘルパー2級の資格を取得してはいかがでしょうか。これまでホームヘルパー2級と呼ばれていた資格が、2013年4月からは、あらたに介護職員初任者研修と名称が変更され、研修の内容や改訂され、あらたに試験制度が設けられました。この資格を取得しておくことで、介護事業所で通所・入所した高齢者の入浴・排せつ・食事などの介助を行うことができます。

 

今や日本は、高齢化社会から高齢社会、そして超高齢社会の時代の到来となり、65歳以上の人が総人口のほぼ4分の1となっています。つまり、日本人の4人に1人が高齢者であり、若い世代の人たちが高齢者を真剣に支えなければならない時代となりました。

 

介護事務の仕事については、介護事業所にコンピュータを導入することによって、事務作業を効率良く進めることができます。事業所によっては、介護報酬請求事務作業が発生する時期にのみ、介護事務員を雇用するケースもありますので、時間に余裕があれば、介護職員初任者研修を受講して資格を取得しておくと良いでしょう。

 

この他には、介護福祉士や社会福祉士の資格がありますが、国家資格であり、受験資格が定められています。受験資格があれば、この資格の取得にチャレンジすると良いでしょう。これらの資格を取得することにより、介護のスペシャリストとして認められることになります。