介護事務ってどんな仕事?

介護関係の仕事には、老人ホームやデイサービスセンターなどで働くヘルパーや、介護のスペシャリストである介護福祉士や社会福祉士、介護が必要とされる人に、ケアプランを組み、必要に応じて介護用具や在宅介護に関するアドバイスを行うケアマネージャーなどの仕事があります。
そして、介護関係の事務に携わる介護事務の仕事があります。

 

介護事務は、直接的に介護者に対して食事や入浴などの介助を行うのではなく、介護報酬に関する請求業務介護に関わる事務全般の仕事のことを指しています。
介護が必要とされる高齢者が、デイサービスセンターや老人保健施設の通所や入所などの介護サービスを利用する場合に、現在の介護保険制度においては、利用者が1割負担、そして国や自治体がその費用の9割を負担しています。
したがって、介護サービスを利用した後に、介護保険制度に基づいて、国と自治体の利用者の負担額を計算して、介護報酬の請求書を作成した後に、国に負担額を請求するといった事務作業が必要になります。
この事務作業のことを介護報酬請求事務、または介護事務と言います。

 

介護事務の仕事の範囲は幅広く、介護サービスの利用者に対して費用の請求書や領収書を発行する、介護サービスに関する手続きの説明、電話の応対や受付なども行います。
介護事業所によっては、介護サービス利用者のデータ管理や予算などのプランを組むこともあり、介護事業所に勤務する従業員の給与計算などを任されることもあります。

 

これから高齢化社会がますます深刻になるにつれて、介護事業所の数が全国的に増えてきますので、介護事務の仕事はますますニーズが高くなるものと見込まれています。